モデルTOKO 公式ブログ
四年間のアメリカ・ロサンゼルスへの留学を経てモデルと言う仕事、夫たむちに出会い帰国後結婚、現在は都内でモデル・デザイナーとして活動しているTOKOの日々。

sistersナイト!ブルーノマーズが好き過ぎて


ランキングに参加しております。
下の二つの画像でポチっと応援をお願い致します♪






こんにちは!





久しぶりに実家に帰ってきました!やはり家族との時間は楽しくて幸せなものです。

妹みゆしゃんと久々にゆっくり遊びました^^
二人でのプリクラなんて何年ぶりだろう…































もちろん変顔も!










プリクラでふざけたあとはカラオケ♪







TOKO氏は最近ブルーノマーズが好き過ぎて、この曲を四回も歌いました。笑
動画はこちら!笑

夜は母と姉と合流し、高倉町珈琲で楽しくディナー♪













何もかもが美味しく、店内も落ち着いていて、たむちと一緒に来たいと思いました♪

たむちが寂しがっているので今日我が家に帰ります。次回家族との時間を楽しみに、たむちという新しい家族との時間も大切に過ごしていきたいと思います♪



撮影のご依頼はこちらから♪
2時間+交通費
4時間+交通費

tokoshiryugaku@gmail.com

ご依頼をお待ちしております。






rss
TOKOファミリー comments(0) - とこ氏
ダブルデートで後楽園遊園地とLaQuaへ


ランキングに参加しております。
下の二つの画像でポチっと応援をお願い致します♪






おはようございます。!





親友カップルとダブルデートに行きました!
場所は東京ドーム近くにある後楽園遊園地!
早めに集合したので、ジェットコースターには5回も乗ることができました♪

どうしても白馬の王子様が見たくてメリーゴーランドにも乗りました。笑










東京ドームシティや後楽園遊園地にはたくさんのレストランがあり、なんとTOKO氏の大好物スンドゥブのお店、東京純豆腐がありました!







たくさん遊園地の乗り物を満喫♪
イルミネーションやクリスマスの飾りももうすでに施されています。










温泉に入ることができるLaQuaへ。
意外と高くてびっくり!休日料金もあり約3300円しました。

夜ご飯はLaQua内のベトナム料理レストランでパクチーだらけのフォーをいただきました。
パクチー好きにはたまらない美味しさ!







久しぶりに丸一日遊んで、たむちや親友カップルと楽しい時間を過ごせてとても幸せでした^^
次のダブルデートが楽しみです♪



撮影のご依頼はこちらから♪
2時間+交通費
4時間+交通費

tokoshiryugaku@gmail.com

ご依頼をお待ちしております。






rss
旦那さん☆たむち comments(0) - とこ氏
原爆ドームと広島平和祈念資料館。被爆三世の私が感じたこと


広島出張では撮影前に原爆ドームと平和祈念資料館に行きました。

長崎での被爆三世の私。福岡の小学校に通っていたとき、何度も原爆についての映画を見たり、祖母が被爆したときの話しを聞いたりしていたので、広島の原爆ドームも見たいとずっと思っていました。

原爆ドームは想像よりふたまわりほど小さく感じましたが、何よりこんなにも哀しい建物があっただろうかと思うと涙が止まりませんでした。
















ボロボロになった建物。一瞬にして吹き飛んだ窓や扉たち。中にいた人々は即死。核爆弾が落ちてから降る放射能が混ざった黒い雨の跡。
後世に遺して語り継ぐべき戦争の恐ろしさを感じました。

広島平和祈念資料館では入口一面に被爆前の広島の町の写真が広がり、少し足を進めると被爆後の広島の写真が広がっていました。
こんなにも全てを消し飛ばしてしまう核爆弾、哀しくて哀しくて胸がつまりました。










被爆者たちの写真、遺品、被爆シュミレーションなどを見て哀しみは深まるばかり。
長崎での被爆の際にも降った、放射能混じりの黒い雨のことはずっと知っていたのでこの絵を見たときは涙が溢れてしまいました。
















そのほかの展示物もじっくりと見て心に刻んできました。













原爆ドームと平和祈念資料館、平和祈念公園などに行き原爆の恐ろしさ、いまだに癒えない深い傷を負っている広島。
こんなにも哀しいことは絶対に繰り返してはいけないと深く感じています。

戦争もなく、食べ物にも困らず、旦那が徴兵されることもなく、雨風をしのぎ生活ができている今の日本に生まれた私は、すでにどれだけ幸せだったのかを改めて痛感しました。

子供ができたら必ず連れて来たいと思います。戦争の哀しさ、恐ろしさを必ず後世に語り継でいくことしかできませんが、非力ながらしていきたいと思います。

この記事を読んでいただいて、少しでも誰かの心に何か伝わったらいいな、と思います。

- comments(0) - とこ氏
<< 2/236 >>